SilverNullf

Silver Nullf idletalk

特別警報についての話

特別警報について(題)

特別警報を知る

特別警報とは?

特別警報は、平成25年8月30日に運用が開始された防災情報です。台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想される場合などに発表されるもので、重大な災害の起こる恐れがある危険な状況と予想される場合に、メディアなどを通じて発信されます。

雨を要因とする指標、台風等を要因とする指標、雪を要因とする指標があり、基準を満たした時に特別警報が発表されます。とにかく、特別警報が発表された場合は今までにないことが起こると考えなければなりません。

特別警報の種類

特別警報と呼称する災害には、「大雨」「暴風」「高潮」「波浪」「大雪」「暴風雪」の6種類があります(〇〇特別警報)。

津波は「大津波警報」を特別警報に位置づけ
火山噴火は「噴火警報(噴火警報レベル4以上)及び噴火警報(居住地域)」を特別警報に位置づけ
地震は「緊急地震速報(震度6弱以上)」を特別警報に位置づけ

また洪水に関しては、河川の形状や治水施設の整備状況などによって大きく変わってくるため特別警報には入っていませんので、地域単位での情報収集が必要です。

大雨特別警報を知る

大雨特別警報は数十年に一度?

大雨特別警報は、数十年に一度発表されている防災情報ですが、この「数十年」という期間は、地域ごとにみたときの話です。全国的にみた場合は年に1〜2度程度あるかないかの頻度で発表されているというわけなのです。

特別警報が発表されるまでに避難すべき

そもそも、特別警報に至るまでに、避難することが理想ではあります。

1.警報級の可能性(大雨の前段階)
2.注意報(大雨の半日から数時間前)
3.警報に切り替える可能性の高い注意報(雨が強さを増す)
4.警報(大雨の数時間前→大雨→大雨がさらに強くなる)
『避難準備・高齢者等避難開始』→避難の準備が整い次第、避難開始(高齢者は速やかに避難開始)。
5.警報に加えて「土砂災害警戒情報」「記録的短時間大雨情報」「氾濫危険情報」発表
『避難勧告』→速やかに避難を始める。
『避難指示』→避難の完了を確認する段階(避難指示という文言はわかりにくいですが、避難が完了している状態を指します)。
6.特別警報(数十年に一度の大雨)

という段階を踏みます。したがって、警報の段階で避難を開始し避難が完了していることが望ましい状態です。これが前提だということを忘れないでください。警報に加えて、「土砂災害警戒情報」「記録的短時間大雨情報」「氾濫危険情報」が発表された場合が、避難開始の最終ラインだと考えて速やかに行動してください。

特別警報が発表されたということは、これまでに経験したことのない重大な危険があると考えなければなりません。特に雨などは楽観視しがちですが、特別警報が発表された時はただちに避難、適切な行動に移ることが肝要なのです。
自分だけは大丈夫という根拠のない自信は非常に危険です。

大切なのは、避難場所などを事前に把握しておくことはもちろん、大雨時における地域の危険度を把握しておくことです。ハザードマップはかなり正確に浸水などの恐れがある場所を予想しています。

お住まいの地域のハザードマップを確認しておけば、とりあえずどこまで避難すればいいかの目安になるはずです。

Top
©SilverNullf