SilverNullf

Silver Nullf MoviesReview

シックス・センス

Summary

問題を抱えている少年コールと、彼を救おうとする小児精神科医マルコム、2人の交流から、お互いの抱える悩みが明らかになっていく。

Review

1999年制作のホラー映画、M・ナイト・シャマラン監督の出世作とも言える作品です。
言わずと知れた有名な作品ですが、個人的な見解ですとホラー映画ではないです。
霊の存在は付属品のようなものだと思っています、作品内の個別の問題に対しても作品自体という意味においても、物事は捉え方次第っていうのを教えてくれる教材のような作品ですね。

コール役のハーレイ・ジョエル・オスメントさんの演技はもちろんですが、母親役のトニ・コレットさんの演技が一番入ってきましたね、感情をよく表現されていると思います。

以下ネタバレにご注意下さい。

この作品はやはりマルコムはあの時すでに死んでいたというところに衝撃があって、そこをうまく隠しながら観せているんですよね。
このエンディングがあるので、マルコムは本当は死んでいることを示すヒントのような描写もあったりで、2回観たくなる作品になってますよね、上述しましたが2回目は捉え方が違うので見え方が違うというのも、この作品の面白いところです。

あと霊は見たいものしか見ない、霊同士は見えない、などなどの霊の設定がとてもよくて、特に違和感を覚えない設定、霊と言うものの概念内におさまった設定だなと、ただこの霊の設定がとても重要で、これがないとこの作品がそもそも成立しないんですよね。
この設定の自然さがこの作品をよりよくしていると思ってます。

マルコムは過去に救えなかった患者のビンセントに殺されてから、それに気づかず一年間奥さんに無視されながら過ごしてきたんでしょうね、誰かに話しかけて無視されたりもしたんでしょうかね。
霊は見たいものしか見ないので、疑問に思うこともなく。
がしかし、ついに霊の見えるコールに出会うわけです、ビンセントを救えなかったことを引きずっていたマルコムは、ビンセントコールの症状や環境が酷似していることから、彼を救いたいと思う、この心残りが2つあるうちの1つですね。

コールは最初ベンチでマルコムを見つけた時からおそらく霊だと気づいたと思ってます。
視線を外した瞬間ダッシュで協会に駆け込んでるんで、逃げたと判断すべきかなと。
マルコムが協会に来て話してみると、あれこの霊怖くないなみたいな流れと解釈してます。
他の霊とマルコムが違うのはコールを助けたいと思っているからというとことに起因するんではないかと思います。

少なくとも後々言う、いい人だけど先生は僕を救えないのセリフの場面ではわかってますよね。
もちろん普通に解釈すれば、霊が見えることを理解できるはずがないと取れますが、個人的には霊である先生が霊で悩む僕を救うことはできないということだと思ってます。

代理ミュンヒハウゼン症候群の母親に殺された少女キラ、特に代理ミュンヒハウゼン症候群という明言はないですが、まんまそれなんで間違いないしょうね。
キラは妹が次の犠牲者になるのを止めるためにコールに会いに来る、怯えるコールだったが、霊に何をしてほしいのかを初めて問うてみる、キラの願い通り、真実を父親に伝え妹を救うことに成功する、成功体験は大事ですよね。
この妹を助けようとする少女の霊の存在がコールの霊に対する考えを変える、怯えるべき存在ではないのだと気づけたコールは霊との付き合い方を知る、このことでコールは自身の悩みに折り合いをつけて生きていくことができるようになったと。
今まで拒絶される恐怖から母親に真実を言えなかったが、マルコムに勧められ、決心する。
そして母親の理解を得ることで彼は救われるわけですね。
随所に見られるこの親子の愛も良かったです。

さてそしてあとはマルコムマルコムは心残りを一つ解消したわけですね、残るは奥さんとの関係です。
コールは奥さんと話したいなら寝ている時話せばいいよと教えてあげて、彼は助言に従い寝ている妻に話しかける、奥さん的には夢の中で会話することになる、そこでついに自分が死んでいるということに気づき、今までの奥さんとの冷めた関係に合点がいくマルコム、奥さんに別れを告げます、奥さんを自由にしてあげたといった感じでしょうか。
そしてマルコムは旅立ちました。

彼のもう一つの心残りは自身が死んだ人間だと理解することで自然に解消されましたね。

Top
©SilverNullf