SilverNullf

Silver Nullf MoviesReview

サイン

SF

Summary

ある日、信仰を捨てた男元牧師グラハムの畑に巨大なミステリーサークルが出現した。
いたずらだと考えていたグラハムだったが、そのミステリーサークルは同時多発的に、各地で出現していた。

Review

2002年制作のSF・サスペンス映画
監督:M・ナイト・シャマラン
脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:M・ナイト・シャマラン

M・ナイトシャマラン監督自身がレイ役としても出演している今作はですね、ハートフルコメディだと、思うよ

愛溢れるお話なので、恐怖やスリリング要素はあまり求めるべきではない映画

以下ネタバレにご注意下さい。

感想へスクロール

ストーリー(長いので注意!!)

  • ミステリーサークル
  • ある日元牧師であるグラハムの家の前のトウモロコシ畑に巨大なミステリーサークルが出現する。グラハムは近所のライオネルとウォルフィントン兄弟の仕業と考えていた。

    友人でもある警官のパスキーを呼び、ミステリーサークルを見せる、改めて見たミステリーサークルの仕上がりに兄弟の仕業ではないと感じる2人。
    近所の犬の様子が変だという話をパスキーから聞き、2人が戻ると飼い犬が死んでおり、傍らには息子のモーガンがいた。

    犬がモーガンを襲い娘のボーを殺そうとしたため、モーガンは妹を守るために殺さざるおえなかった。
    グラハムの弟であるメリルはもう一匹の犬を納屋に移動させた。

  • 侵入者
  • その夜ボーに起こされ、娘と亡くなった妻の話をしていたグラハムは屋根の上に人影がいることに気付き、メリルを起こす。

    またライオネルたちのいたずらだと考えていた2人は追い込もうとするが逃げられてしまう。
    人間では考えられない動きに、メリルは本当にライオネルなのか疑問を抱く。
    翌日パスキーを呼んで事の次第を話していた。途中テレビの音量を下げなさいとボーに注意するグラハム、部屋には水の入ったコップが無数にある、ボーは水にかなり神経質ですぐに取り替えてしまう。
    コップを片付けることを諦めたグラハムは、パスキーへの説明を再開するがうまく説明できずにいた。その時テレビでは、各地で同時多発的に出現しているミステリーサークルのニュースを各局がこぞって放送していた。

  • 街へ
  • パスキーの助言もあり街へ出かけるグラハム達、モーガンは店に一冊だけあった宇宙人の本を買った。

    ピザ屋で食事をしていると買い物を終えたレイが車に乗り込もうとしていた、グラハムと目があったレイは足早に去っていった。
    自宅に着いた時、車内で雑音が聞こえた。ボーがまだ小さい頃に使っていたベビー用モニターを引っ張り出してきて宇宙人の電波を受信しようとしているモーガン。

    グラハムとメリルは畑に起きたことはいたずらだと説明し車から降りようとした時、ベビーモニターが声のような音を拾った。
    他のベビーモニターと干渉しているだけだとグラハムはベビーモニターの電源を切ろうとするが、ボーとモーガンそしてメリルに止められた。
    ベビーモニターをより高くあげるモーガン、すると不明な言語で会話をしているような音が流れた。

  • グラハムも
  • その夜犬に餌を与えるために納屋に向かうグラハム、犬は畑に向かって異常に吠えていた。
    気になって畑に入りミステリーサークルまで行き元来た道を帰っていると、人間ではない何かの足が見えた。

    走って帰るグラハム、家に着くと黙って椅子に座った、異変に気付いたみんなが寄ってくる、グラハムは宇宙人説を受け入れざるを得なくなり、各局の宇宙人説を子供に見せることを嫌って禁じていたテレビをつけることにした。

  • 世界の終わり?
  • テレビではUFOが飛来している映像が流れており、釘付けになる一同。
    子供達は寝てしまい、メリルグラハムに世界の終わりと思う奴も?と子供達を起こさないように小声で聞く。
    グラハムはいるだろうと答えた、牧師をやめてからのグラハムは励ましの言葉を言うようなことはなくなっていた。

    神の啓示を信じる人間か、幸運をただの幸運と捉える人間かをメリルに問うグラハム。メリルは信じると答え、グラハムにも同じ質問をする。
    グラハムは答えなかったが、妻のコリーンが事故で亡くなった時の最後の言葉をメリルに教えた。
    「見て」「さあ打って」だったと、死を前に脳の神経が働いてメリルの試合を観戦した時の記憶が断片的によみがえったのだと。
    そしてグラハムは誰も我々を見守ってはいない、人間は独りで生きていると言った。

  • レイの元へ
  • 次に日の朝、メリルはテレビに張り付いており、子供達は頭にアルミホイルを巻いてあった。子供達は街に行った際手に入れた宇宙人の本を真剣に見ており、グラハムが茶化すと2人に怒られた。

    本の中には自分たちの家に酷似したイラストがあり、そのイラストにはUFOに焼かれる家と、そこに横たわる3人の人が描かれていた。
    その時、突然電話が鳴り驚く3人。グラハムが電話に出ると、相手はレイだった。レイは、居眠り運転によって事故を起こしており、その犠牲者がグラハムの妻だったのだ。
    グラハムはレイの自宅へと行ってみることにする。

  • エイリアン
  • レイ宅についたグラハム、家の中を覗くが家にはいなかった、振り返ると車に乗っているレイを見つけた。

    近づいていくと、車には荷物が詰め込まれており、レイ自身には血がついていた、「奴ら」に襲われた時思いついた電話番号がグラハム宅だったと謝るレイ。
    居眠り運転は後にも先にもあの時だけ、あの奥さんがいた、あの10秒、15秒だけ睡魔に襲われたと、あれは運命だったと語る。

    レイは水の近くにはサイン(ミステリーサークル)はできていないので水が嫌いだと考え湖に行くと言い、自分のせいで信仰を捨てることになったグラハムに謝っても謝りきれないと言い、最後に「貯蔵室を開けないで、一匹閉じ込めてある」と言って去って行った。

    一方メリルはテレビでブラジルで撮られたと言うエイリアンの映像を見ていた。

    グラハムは開けないでと言われた貯蔵庫の前にいた、ドアの隙間から影が見える。
    台所にあった包丁を手にとり鏡がわりにして覗いてみる、が何も見えない、帰ろうとするグラハムだったが、思い直しもう一度覗こうとすると、そこから人間のものではない手が伸びてきた。
    グラハムは咄嗟に包丁で指を切り落とした。

  • どっちにする?
  • 自宅に帰るとメリルの頭にもアルミホイルが巻かれていた。階段に座り込むグラハム
    今やモーガンが買った本を元に話を進めて行く一同。

    グラハムはレイに聞いた水が嫌いという話をし、家に残るか湖に行くかを多数決で決めようとする、グラハムは自分は2票分あるという強硬策を使い湖に行こうとするが、結局はグラハム以外の3人が家に残る選択をし湖には行かないことになった。

  • 襲来
  • 家の窓などを塞いでいる最中、ニュースでは各地のサインの上空に飛行物体が集まってきているという映像が流れていた。
    そしてモーガンはこれは攻撃の直前段階らしいと言った。

    その夜の食事、各々好きなものを食べることにする。食事前神に祈ろうとするモーガンだったが、グラハムは拒否する。
    神に祈る時間が無駄だとグラハムは一人で食事を始め、泣き始めた。それを見た子供たちは駆け寄り抱きしめ合う、メリルもグラハムに引っ張られ輪に入った。
    その時ベビーモニターが反応した、テレビを見に行くと放送休止状態になっていた。

    急いで窓を塞ぐ中、グラハムはボーに生まれた時の話を聞かせた。
    外では納屋に繋いだ犬が吠えていたが、やがてその声も聞こえなくなった。
    外では何かが家に入ろうとしている音が聞こえる、グラハムはモーガンに生まれた時の話を聞かせた。
    話終えると屋根裏に何者かが侵入した、一同は地下室に逃げ込んだ。

    ドアは叩くが入ってくる様子のないエイリアン、気をそらせていると考えた一同は他に侵入できるとこがないか調べる。するとモーガンの後ろの石炭の搬入口から手が伸びてきた。
    グラハムとメリルが駆け寄りモーガンから引き離し搬入口を塞ぐ。
    しかし、喘息持ちのモーガンは発作を起こしていた。薬がないためグラハムが寄り添い落ち着かせようとする。
    グラハムはまた家族を奪うのかと怒りをみせた。

  • 運命
  • グラハムは妻コリーンが事故にあった時の夢を見ていた、ラジオの音で目を覚ます。
    ラジオからはエイリアンが撤退している話が流れていた、モーガンの発作は治まっていたが薬が必要なことは変わらないため、地下から出ることにするメリル

    安全だと判断し全員地下から出ると、テレビでは状況が好転している内容が流れていた。グラハムがテレビをリビングに移動させると、その時真っ黒なテレビ画面に人影が映った。

    振り返るとモーガンを抱えた一部指のないエイリアンがいる。
    グラハムは妻コリーンとの最後の会話を思い出した。
    コリーンはそれぞれに言葉を残した、モーガンにはたまには遊んで息抜きを、ボーにはお兄ちゃんの言うことを聞くように。そしてグラハムには「見て」メリルには「打って」という言葉だった。

    死の間際、断片的な記憶が蘇った結果の言葉だと思っていたグラハムだったがその言葉には意味があるのだと感じた。
    グラハムは部屋に飾ってあるバットを「見た」。そしてメリルに「打て」と言った。
    バットを握ったメリルをみたエイリアンはモーガンに毒を吹きかける、メリルはエイリアンをフルスイングで打った。
    メリルがバットで殴るとエイリアンはよろけて倒れ、ボーが置きっ放しにした水の入ったコップがエイリアンにかかると、肌が爛れた。
    メリルはボーが貯めに貯めた水の入ったグラスを打つ、その間にグラハムはモーガンを外に連れ出した。

    メリルもエイリアンを倒し駆けつける、意識のないモーガン、グラハムは喘息はこのためだったと、喘息で気道がふさがっていたから毒は入っていないと、言い聞かせるように言った。
    一同が諦めかけ涙する中、モーガンは目を覚ました。
    信仰を取り戻したグラハムは再び牧師となった。

    おしまい。

以下感想

  • なんやかんや
  • 運命的、居眠り運転
    信仰を疑い、牧師を辞めるきっかけになった事故が、実は奇跡を認めざるを得ないサインそのものだった。ボーの水汚染主張問題から始まり、モーガンの発作など、この日のために運命の歯車は動いていたのだった。
    「運命」や「信仰」をテーマにした映画なわけですな

    つまり、SF的要素、スリリングな要素やそれに伴う緊張感という、ありそうな要素がない。言い方を変えると、必要な要素がないと感じる可能性も大いにある作りではある。
    ハートフルコメディと銘打ってくれた方がよっぽどわかりやすいと思う。
    SFなんだけれども、映像的な広がりはなく、信仰への疑念から信仰を取り戻し、妻の死を乗り越えるという、あくまでグラハム一家を描いたハートフルな映画
    宿命論というと少し違う気もしますが、神の配剤を感じるような作りになっています。

    大きな特徴として、世界の危機、そして一家もその渦中におかれているのに、どこかほんわかしている。本人達はいたって真面目だが、コメディチックな掛け合いと間
    この監督らしさは個人的には大好きですけども。テーマがブレないように、あえてシリアス展開から遠ざけるような作りになっているんでしょうね。

    全編通して静かな世界観というのも監督らしさであり、好みの問題だとは思います。監督を知らずに見ても、「M・ナイト・シャマラン監督の感じのやーつ」はわかってしまう。個性ということですな。

    結局のところ、サインという映画にSF的華やかさやエイリアンを求めてはいけない。つまりこの映画はテーマ(主軸)がわかっていないと拍子抜けしてしまう、求めていたものと違う、となる可能性もある。

  • というわけで
  • モーガンの買った「宇宙人攻略本」のようなものに、グラハム家の家に良く似た挿絵があり、かつその似た家は燃えていて、外で三人の人間らしき黒い影が倒れていましたが。
    本来辿るはずだった運命を暗示しているのかな?

Top
©SilverNullf