SilverNullf

Silver Nullf MoviesReview

ゾンビワールドへようこそ

Summary

ボーイスカウト三人組のベンカーターオギー
ベンとカーターはボーイスカウトを辞めたがっていた。
二人はキャンプ中に抜け出し、パーティーに行こうとしていたのだが、着替えるために車を止めると、いつも立っているはずのストリップクラブの用心棒がいなかった。
二人はストリップクラブデビューを飾ろうと中に入るのだが、そこにいたのはストリッパーゾンビだったのだ。

Zombie

Review

2015年制作のホラーコメディ映画
監督:クリストファー・ランドン
脚本:キャリー・エヴァンズ
製作:ドット・ガーナー

スカウトフォーエーヴァーーッ!!
冴えないボーイスカウトたちの友情物語、ゾンビ有り。
ティーン達の思春期物語的な部分が輝くゾンビコメディ。

以下ネタバレにご注意下さい。

感想へスクロール

ストーリー

  • 端的におさらい流れ
  • ベンカーターオギーのボーイスカウト三人組、オギーはボーイスカウトが大好きで高校生になっても真面目に取り組んでいた。
    しかし思春期らしくベンとカーターは人目を気にしてボーイスカウトをやめようと計画していた。
    カーターの姉のイケてる彼氏からパーティーに誘われる。
    カーターはベンを誘いキャンプを抜け出してパーティー会場へ向かおうとしたが、オギーに見つかってしまう。
    カーターはボーイスカウトを抜けようと考えていると話す。
    二人が嫌々ボーイスカウトに付き合ってくれていたと知ったオギーは傷つきその場を去った。

    パーティーに向かう道中着替えるために車を止めると、ストリップクラブの前に立っている用心棒の姿がなくカーターとベンは入ることに。
    ストリップクラブに入るとストリッパーのお姉さんゾンビと屈強な用心棒ゾンビに襲われる、しかしその店の美人ウェートレスのデニースに助けられる。

    ゾンビの大群が迫ってくる中三人は保安官事務所へ助けを求めて行ってみるが、そこにはすでに人間はおらずゾンビは迫って来ていた。
    中に逃げ込むも追い詰められてしまうが、そこへ外に止めていたベンの車を見たオギーが助けに来てくれる。

    なんとか逃げ出し歩いて軍の検問所まで向かっていると軍関係者を出会い乗せてもらう。
    カーターは教えられたパーティー会場に行くが、そこには誰にもおらず、騙されたことを知る。
    三人は喧嘩を始めるが、その時送ってくれた軍関係者のおじさんがゾンビに変異してしまい車にいたのデニースを襲う。
    しっかり対処するが、無線でこの町が空爆されることを知る。

    パーティー会場にいるカーターの姉でありベンの意中の人ケンドルを助けようということになるが、肝心の場所がわからない。
    カーター曰くケンドルはなんでも日記に書くらしく、ベンたちはカーター宅へ。
    そこでゾンビに追われながらもなんとか日記を入手する。

    助けを呼びに行くデニースと別れ、ベンの名演説により三人の心はまた一つになる。
    戦闘準備を整えて、スカウト魂をひっさげて、いざパーティー会場へ。

    ゾンビの大群が押し寄せるパーティー会場にさっそうと現れるベン、カーター、オギー。
    無事ケンドルとその他諸々を助け出すことができたが、あまりのゾンビの数に三人は追い詰められてしまう。
    オギーが用意した手製の爆弾でゾンビもろともという結論に至るが、その時ダストシュートからデニースが顔を覗かせる。
    二人が先に脱出し、オギーは爆弾に点火し間一髪で脱出することに成功、ゾンビの群は爆死する。
    そしてやっとこさ軍が助けにやって来まして事態は収束に向かう。

    ベンはケンドルと熱いキスを交わすとさ。
    めでたしめでたし。

以下感想

  • というわけで
  • 思春期友情物語、ゾンビをそっと添えて
    もちろんコメディがねメインなのでストーリーラインはわかりやすいし、ベタなんだけど。
    お母さんは遠出しているから安心とか、主要の三人の銃を使わずにゾンビをバッタバッタと倒す感じなんかも、コメディの邪魔になる要素をバッサリ排除していて、無駄のないまとまり感。
    幸せエンドに、ほっこり
    普段こういうのを見ない人間のわたし的には、この当たり前のハッピーな感じが逆に新鮮に写るというやつでして。

    下ネタ、友情、恋愛、と楽しい映画でしたが。
    やっぱりゾンビは万能だなぁと思うところです。

Top
©SilverNullf