SilverNullf

Silver Nullf MoviesReview

ラストサマー2

Summary

あの事件から1年後ジュリーは未だにカギ爪の男ベン・ウィリスの影に怯えており、夢にうなされる日々が続いていた。
ある日友人のカーラがラジオ番組のクイズに答えてバハマ旅行をプレゼントされる、ジュリーは恋人のレイを誘うが、レイは「努力する」という煮え切らない態度で行くかどうかわからない状態で電話を切った。
しかし友人の説得もあり、レイはこっそり行って驚かせようとバハマに行くことに決めたが、その夜カギ爪の男に襲われてしまう。
出発当日ジュリーはレイを待っていたが来ることはなく、カーラとその彼氏のタイ、そして友人のウィルの4人でバハマへ向かうことになる。

Thriller

Review

1998年制作のホラー・スリラー映画PG12作品
監督:ダニー・キャノン
脚本:トレイ・キャラウェイ
製作:ニール・H・モリッツ

カギ爪の男の生命力よ
良いか悪いかどうかは別として派手にはなってるかなと。
前作のラストからの続きとして描かれているので、前作は見といたほうがいいけど。
今作から見れないこともないかも。

ちなみに。
前作のラスト、「シャワー室で襲われるジュリー」は夢だったということで
夢なんかーい、今作のための後付けなのかもしれない・・・。

以下ネタバレにご注意下さい。

感想へスクロール

ストーリー(長いので注意!!)

  • 流れ
  • カギ爪の男ベン・ウィリスに襲われてから1年がすぎてもジュリーはベンの影に怯えていた。
    そんなある時友人のカーラがバハマ旅行をゲットする。
    ジュリーはレイを誘うが、レイは断る。
    断ったレイだったが、友人の助言もありサプライズでバハマ旅行に参加することに決めるのだが、カギ爪の男に襲われ旅行当日ジュリーの元へは行けなかった。
    ジュリー、カーラ、タイ、ウィルの4人でバハマ旅行へ出発する。

    レイはジュリーが危険だと感じ病院から抜け出しバハマへ。

    バハマでは嵐が近ずいており、従業員は最低限の人数しかいなかった。
    次々に殺されていく従業員達。
    ジュリー以外の友人も従業員達の死体を目の当たりにしパニックに陥る。
    カーラの彼氏のタイは生き残った従業員のエステスという男が犯人だと考え、彼の部屋へと行ってみることに、そこには4人の私物がありブードゥーの儀式をしているようだった。

    エステスが姿を表すが、儀式は実は4人を守るためのもので、バハマ旅行も犯人に仕組まれたと知る。
    そしてエステスはベン・ウィリスを知っていると話した。
    ベンは以前このホテルで働いており、最近森で見かけたと言うのだ。
    4人はエステスとともに森へと行ってみることに。

    森にはベンの妻と娘の墓、その隣にはジュリーのために用意された墓があった、今日の日付は7月4日だった。
    気がつくとエステスは姿を消していた。

    ウィルはエステスを一人で捜しに行き、3人はホテルへ戻った。
    ウィルは嵐の中を頼りないボートで逃げようとしているエステスを見つける。
    ウィルが近ずくとエステスはオールでウィルを殴り倒した。

    ホテルに戻った3人は唯一の生き残りのバーテンの女性を加え厨房で話をしていたのだが。
    そこへカギ爪の男が現れタイが殺されてしまう。
    それを見た面々は逃げ出したがカーラが捕まってしまう、しかしカーラは持ち前の運動神経でなんとか逃れる。
    ジュリーとバーテンの女性はカーラと合流し、その後ウィルと合流した。

    ウィルは怪我をしている様子で、カーラとバーテンの女性はロビーに救急箱を取りに行った。
    ジュリーがウィルの傷を確認しようとするが、傷が見当たらない。
    ウィルはその血は自分の血ではなく返り血だと話した。
    ウィルはジュリーを連れ去った。

    一方救急箱を手に入れたカーラとバーテンの女性だったが、そこへ瀕死のエステスが現れバーテンの女性に覆いかぶさった。
    そしてベンが現れエステストバーテンの女性をもろとも突き刺した。

    ウィルに森に連れていかれるジュリー、ウィルはベンの息子だった。
    ベンも追いつき、ジュリーにかぎ爪をつきたてようとした時、バハマへと到着したレイがやってきた。
    レイはリボルバーをベンに向け引き金を引いたが不発だった、それを見たウィルが襲いかかりレイは倒されてしまう。
    ウィルがレイを立たせベンがカギ爪で襲いかかった。
    しかしレイはすんでのところで攻撃を避け、カギ爪は息子であるウィルに刺さってしまった。
    怒り狂いレイに襲いかかろうとするベンをジュリーはレイの落としたリボルバーでありったけの弾を撃ち込んだ。
    ベンは自身が用意したジュリーの墓穴に落ち、動かなかった。

    レイとジュリーがホテルへと戻ると沿岸警備隊がやってきた。
    するとカーラがやってきた、生き残っていた彼女はジュリーと抱き合い喜び合った。

    その後レイと結婚し新居も構えたジュリー。
    夜ベットから鏡を見ると、ベットの下に隠れているベンの姿が。
    ベンはジュリーの足を掴み引きずった、ジュリーの叫び声。
    おしまい。

以下感想

  • なんやかんや
  • よし、息子を増やそう
    ベンの息子であるウィルが(視聴者に)怪しまれないように、割とポップにコメディタッチに描いてて、展開のテンポの良さも相変わらずいい感じであると思うんですけど。
    そもそもの復讐というところより、殺しまくる展開が気になる
    殺人鬼の息子を増やし、安易に殺される人間を増やして派手にしようみたいに見えて。
    ナンバリング作品ならではの現象というのか宿命というのか、エスカレートは致し方ないと言えば致し方ないけども。
    とにかく今作はシリアルキラーっぽさがまずあって、復讐は目的として明確にあるけども、前作の復讐メインというところに殺人鬼キャラが無駄にプラスされてるような気がするんだよなぁと。
    キャラ設定を変えられてしまった感が否めないベンおじさん

    最後にわからなくしていく手法をやめなさいよ
    やっぱり夢なのかな?
    と言っても前作のラストも夢だけどベンは実際生きてるわけだから、もう人間じゃないということでいいんじゃないだろうか・・・
    今作ではジュリーが発見したクローゼットの首吊り死体を仲間と見に行ってみると、あら不思議!!いなくなってる問題が前作に引き続いて発生してる。
    むしろジュリーにシックスセンスがあるという可能性も・・・。

  • というわけで
  • 個人的には俳優ジャック・ブラック加点がある
    好きだからなー、ジャック・ブラック・・・。

Top
©SilverNullf