SilverNullf

Silver Nullf MoviesReview

LAND OF THE DEAD

Summary

ゾンビが地球上に蔓延するようになった世界。
生き残った人々は、三方を川に囲まれた島に防御フェンスを敷いて町を築き、高層ビルに暮らす富裕層とスラムに住む貧民に別れて暮らしていた。
主人公のライリーは傭兵として外で物資の調達を生業として生計を立てていた。
しかし街の暮らしにうんざりしており、人のいない場所へ脱出したいと考え、ライリーは車を購入する。
傭兵家業も今日限りだと車を受け取りに行ったのだが、そこに車はなかった。

Zombie

Review

2005年制作ホラー・ゾンビ映画PG12作品
監督:ジョージ・A・ロメロ
脚本:ジョージ・A・ロメロ
製作:マーク・キャントン
監督はゾンビ映画の神、ジョージ・A・ロメロさん。
主演は海外ドラマ「メンタリスト」ジェーン役のサイモン・ベイカーさん。

ゾンビ映画なんですけども人間も含めた弱者に焦点を当ててる作品、ゾンビに弱者としての役割をもたせていて、スラムの人々にも富裕層から見た弱者として描かれており、この2つの弱者が富裕層という権力にどう立ち向かうのかといった内容になってるので、まあ原点回帰的?な映画ではあるのかなと。

以下ネタバレにご注意下さい。

以下感想

    • 世界観
ゾンビが地球上に蔓延するようになった世界。
生き残った人々は、三方を川に囲まれた島に防御フェンスを敷いて町を築き、高層ビルに暮らす富裕層とスラムに住む貧民に別れて暮らしていた。

作品を見るかぎり金の価値はゾンビ世界以前と変わっていない様子ですかね、富裕層が軍を使い貧民たちを支配している。
そしてゾンビ達は人間からおもちゃのように扱われている。
早く人間になりたい(by Zombie)

    • この世界のゾンビ
ゾンビは作品によっては信じられないほどかけっこが上手だったりと能力に幅がかなりありますが。
この作品のゾンビは自我が芽生えるというのか、ある時知性を少し取り戻す、ゾンビ=何も考えずな存在とは一線を画す部分があります。
ただ全員に知性が宿ったというわけでもなく、黒人ゾンビさんが突出して頭がいいんです、選ばれしものですね。
人間が面白がってゾンビを殺して回り、街ではおもちゃにされという姿を描いていて、その行為に黒人ゾンビさんは怒り浸透で街の人間達に復讐をすべく立ち上がる。
ゾンビの尊厳を!!ゾンビバンザーイ
    • 富裕層が存在できるという違和感
こういう世界では金に力がないのが平常運転かなと思うので、ゾンビ映画的には違和感を覚えるというのか。
金に価値がある世界だとしても、軍隊がなぜ富裕層に従うのかというところに何か明確なものが欲しかった気もします。
制圧・・・しちゃったら?と思ったりもしましたが。

なぜその地位にいれてショッピングを楽しめるのかという部分に納得がないと、奮起し戦う弱者達のために用意されたとってつけた存在に見えるというのかなんというのか・・・

    • メッセージ性
この作品はゾンビを弱者としての存在として強調していて、その弱者達が立ち上がるゾンビ視点での見方。
富裕層にいいように使われるスラムに追いやられた弱者である人間達の立ち上がる視点での見方。
弱者の奮起、そしてこういう体制はいつか崩れ去るのだよ映画というところで。
ゾンビが弱者であるというところは原点だからね!!
    • というわけで
黒人ゾンビさんの持つポテンシャルは計り知れなくて、統率力があり銃も扱える、そしてなにより仲間を大切に思うあの熱いハート・・・ゾンビというよりは最早ちょっと腐った人間だね(にっこり)

富裕層の支配する体制は崩壊し、ライリー達、そしてゾンビ達もそれぞれ安息の地を探す旅へとといった事で。
ジョージ・A・ロメロ監督らしさを感じる作品なのではないかと。

Top
©SilverNullf