SilverNullf

Silver Nullf MoviesReview

ゴーストシップ

Summary

曳航船を用いて海上にある船の回収屋として生計を立てている一団であるマーフィーたちの元へジャック・フェリマンと名乗る男がある仕事を持ちかけてきた。
ベーリング海峡上空で見つけた漂流船の回収の依頼で、マーフィーたち6人は仕事を受けることにする。
そしてマーフィーたちとジャックは巨大な外洋航路船を発見することになる。

Horror

Review

2002年制作のホラー映画
監督:スティーヴ・ベック
脚本:マーク・ハンロン
製作:ロバート・ゼメキス

曳航船=タグボート:船舶なんかを押したり引いたりする船。

もちろん幽霊船の話ではありますしもちろん幽霊はしっかり出て来てくれますが、ホラーじみてるような作品ではないと思います。
サラサラサラリーと見れる映画なんですね、うん
軽く見れる映画というと言い方が悪いかもしれないですが、ウダウダ言うな!!サクッと楽しもうといった作品かなと。

以下ネタバレにご注意下さい。

感想へスクロール

ストーリー

  • おさらい流れ
  • アントニア・グラーザ号という1962年にラブラドル沖で消息を絶った外洋航路船を発見したマーフィーたち6人とジャック
    船内を探索する中、紅一点であるエップスは少女を目撃する。

    グラーザ号に空いている穴を塞いでタグボートで引っ張って帰ろうと考えグラーザ号に戻るが、その道中で金塊を発見する。
    金塊を発見した一同は船自体を連れ帰る当初の計画を変更して、金塊だけを持って引き上げることにする。

    しかしタグボートのプロパンガスの栓がひとりでに開きそれが元で爆発、タグボートは沈み、整備担当のサントスが死亡した。

    グラーザ号の穴を塞いで救助を待つことにした一同は夜明けまでそれぞれの時間を過ごす。
    エップスは少女の霊ケイティと接触する、少女は「悪の刻印」がある者もない者もみんなが船に捕らわれていると話した。
    一方マーフィーは船長の霊に出会い1962年にローレライ号という難破船を救った際、金塊と一人の男を救ったことを教えられる。
    その男の写真を見せてもらったマーフィーは脱出しようとエップスの元へ向かうが、悪の刻印をつけられ霊を捕らえている存在のしもべとなったサントスの策略により、エップスを襲ってしまい気絶させられ閉じ込められる。
    仲間のグリーアは女性歌手の霊に誘惑された結果、転落死してしまう。

    夜明けを迎え、エップスと仲間2人で船の穴を塞ぐことに成功し排水を行う。
    少女の霊に1962年に何があったのかを見せてもらうエップス、金塊を狙った殺し合いが起こり、女性歌手が生き残った。
    そこへ一人の男が近付いていき女性歌手は殺されてしまう、すると男は女性歌手の手のひらに悪の刻印をつけた。
    その男はジャックだった。

    空の水槽に閉じ込められていたマーフィーだったがエップスが駆けつけた時には水で満たされておりすでに溺死していた。
    船長の霊に見せてもらった1962年のジャックの写真が浮いていた。

    自分たちがジャックに連れてこられた理由は船の穴を直させるためだと気付いたエップス。
    蓋を閉じた仲間2人も死亡し、エップスとジャックのみになり、自分はサタンの使いであり魂を回収していると語るジャック。
    エップスは船を爆破しようとスイッチを押そうとするがジャックに阻まれる、格闘の末スイッチを押すことに成功し船は爆発し崩壊する。

    少女の霊の導きもあり脱出することができたエップス、海面へと上がるエップスの周りには無数の解放された霊たちが。
    エップスは漂流し海を漂っていたところを通りがかった船に救われた。

    港で救急車に乗っていたエップス、外では荷物を船へと運ぶ従業員たちがいた、そしてそこには船に乗り込むジャックの姿もあった。

以下ウダウダと感想

  • 1962年からの経緯が
  • 突っ込むのは野暮なのかもしれない・・・でも言いたい
    グラーザ号が消息を断つ2日前、ローレライ号という船を救助した、ローレライ号の唯一の生存者のジャックと金塊がグラーザ号へ。
    ジャックが従業員たちを操ったと仮定したとしても。
    銃をしっかり準備していたのは・・・
    あの従業員たちはそもそも船を襲うつもりで出港前に準備していたという、また別のお話が重なっていたということかな?運命運命。
  • 実は悪魔が関わる話
  • 幽霊船の話ではある・・・しかし黒幕は悪魔の使いのジャックが船に魂をためていた、貯金箱のそれである
    船が魂で満たされたら地獄へ連れていくというなんとも気の長い話だなぁおい
    非効率すぎる気がしないでもないけども、人間の尺度で考えるのは良くない!!もっとこう多角的に・・・。
    ただ良いか悪いかは置いといて、悪魔色は全く感じない作りではあります。
  • 全体的に
  • 雰囲気と設定はいい感じというか個人的には好きな部類でした。
    全体の話をするなら演出的に地味な印象が最初にきますかね、1962年の殺戮シーン以外は・・・あそこだけ気合入ってる・・・

    ベタな幽霊船話というわけではない、けれどもそれにしては悪魔色は薄すぎる。
    さらーっと流れるように霊たちを解放して終わっていきました。
    (個人的にはこういう感じも嫌いじゃなかったりするんだなーこれが)

  • というわけで
  • 昔々、日曜の昼間とかにやってた映画を思い出す感覚・・・主観的すぎるか・・・
    ちょっと演出が地味すぎた作品かなと思いますが、何故か懐かしい感じがして、自分は嫌いではない作品でした。
    漂流した船とか廃墟とかの類はなんとも好きなんだなぁーこれが

Top
©SilverNullf