SilverNullf

Silver Nullf MoviesReview

ケース39

Summary

ソーシャルワーカーのエミリーはネグレクトを受けているという通報が入りリリー宅を訪問する。
リリーは父親のことを恐れており、本当のことを言えずにいる、エミリーは自分の電話番号を渡し、何かあったら連絡するように伝える。
するとその夜リリーから連絡が来る、両親が私を殺そうとしていると。
ただ事ではないと感じたエミリーは警官のマイクに連絡しリリー宅へ向かう。
到着するとリリーの悲鳴が聞こえていた、マイクはドアを破り2人が中に入るとオーブンに入れられ焼き殺されそうになっているリリーを発見する。
リリーを救出し、両親から引き離すことはできたが、リリーは施設に入ることになった。
リリーはエミリーと暮らしたいと懇願する、エミリーは一旦は断ったが思い直し里親が見つかるまでの間、仮の保護者としてリリーの面倒をみることを決意した。

Horror

Review

2009年制作のホラーサスペンス映画
監督:クリスチャン・アルバート
脚本:レイ・ライト
制作:スティーブ・ゴーリン
ホラーと言うよりはサスペンス色が強い作品。
お前は一体なんなんだ・・・という切なる思い。

以下ネタバレにご注意下さい。

感想へスクロール

Story

  • ネグレクト
  • 38件の案件を抱え仕事に忙殺されているソーシャルワーカーのエミリーはもう一つ案件を抱えることになる。
    エミリーは39件目の案件リリー宅を訪問するが、父親エドワードは直接エミリーと会話をしようとせず、母親に耳打ちをして母親がそれを伝えるという奇妙なものだった。
    後日エミリーの職場へ直接一家が赴いて虐待はしていない旨を伝える。
    リリーの怯えた表情に、より疑惑を深めたエミリーはリリーと2人で話をする、すると「地獄に落とす」と言われたことを明かすが、エミリーの上司ウェインの前では父親に怯えて否定してしまう。
    刑事で友人のマイクにも相談したが証拠がないと動けないと言われる。
    エミリーは学校へ様子を見に行くが、リリーに「私が消えたら探してくれる?」と言われ、自分の電話番号を渡す。
  • オーブン
  • 電話番号を渡したその夜リリーから連絡が来る、その内容にただ事ではないと感じたエミリーは車を走らせる。
    マイクにも来てもらいドアを破り中に入ると、そこのはオーブンに入れられたリリーの姿があった、両親は2人を襲って来たが、マイクが阻止する。
  • リリーへの不信感
  • リリーと暮らすことになったエミリー。
    ある日エミリーが担当してる案件の少年ディエゴが両親を殺害する。
    ディエゴが両親を殺害する夜エミリー宅から電話があったことがわかり、マイクから何を話したか問われるエミリー。
    しかしエミリーには全く身に覚えがなく、リリーにも聞いてみることに。
    リリーは同じグループセラピーでディエゴを知ってはいたが、電話に関しては一貫して否定する。
    気になったエミリーはディエゴに話を聞きに行くと、電話をしてきたのは男だったと言った。
  • リリーとダグ
  • リリーのカウンセリングをするダグだったが、リリーはダグに対して蔑むような態度で、そして見透かしたように話をする。
    ダグは子供とのカウンセリングで初めて恐怖を感じたとエミリーに語った。
    エミリーのリリーへの疑惑は深まっていく。
    その夜ダグ宅の電話が鳴り、彼は自身が恐怖している存在である蜂に襲われて死亡する。
  • リリーの正体
  • ダグの葬儀の際露骨に手を繋ぐのを拒否するエミリー。
    リリーへの疑惑は確信に変わっていた、マイクに相談するエミリー、話す中でリリーの両親が寝室に鍵をつけていたことを思い出し、母親の聴取ビデオを確認すると両親に起こったことはエミリーの現状に符合していた。
    リリーの両親に頼るしかないエミリーは会いにいくが、母親は自身が燃える幻覚にとらわれており話が聞ける状態ではなかった。
    父親はリリーを「千里眼」であり「悪魔の塊」だと語った。

    家の電話を外すエミリー。
    帰宅したリリーは母親が大事にされていたかとエミリーに尋ねる、なぜか知っているリリー、エミリーは白を切るが、お見通しであることを暗に示される。

  • 孤立するエミリー
  • グループセラピーに迎えに行ったエミリーは少女に耳内するリリーを見て、強く手を引き帰ろうとするが、先生に止められ乱暴な行為を咎められる。
    セラピーにはもう行かせないというエミリーにエレベーターを落とす幻覚を見せ脅す。
    自身の肌で体感したエミリーはマイクに今一度話をしにいくが、全く相手にしてもらえず病院に行けと突き放される。
    リリーは露骨にエミリーを脅し、エミリーは屈服する。
  • 全てを失ったエミリー
  • 里親が見つかったと教えられるが、返答できないエミリー。
    リリーの父親に相談に行くと、行かすのも残すのもダメだと言われ、眠っている間に殺すように言われるエミリー。
    家に帰ると両親を聴取しているビデオを見ているリリー、同時刻、両親ともに幻覚を見せられ死亡する(母親はおそらく)。
    マイクもリリーが普通ではないことを認め2人で殺すことになるが、マイクは幻覚を見せられ殺される。

    本当に1人になったエミリーは睡眠薬入りの紅茶を飲ませて眠らせ、家に火をつけるもリリーはしっかりコートを着て外にいる。
    警察が今夜の宿を用意してくれると言い、パトカーについて行く2人だったが、エミリーは途中で進路を変更し、リリーはエミリーの母親の話をする。
    スピードを上げ何者なのかと尋ねるエミリー、リリーはその問いには答えず幻覚を見せて車を止めようとする。
    エミリーは幻覚を信じることなく突き進んだ、その姿をみて怯えだすリリー、エミリーは怖い?と問い、私は怖くないと言って海へ突っ込んだ。
    2人とも生きており、本来の姿に戻ったリリーを閉じ込めエミリーは脱出した。

感想

  • 百戦錬磨リリー
  • 恐ろしく目ざといし色々と感じ取れる少女(おっさん)で、それを利用してエミリーに寄生することにする。
    ただそれを利用して上手く立ち回るというような話にはなっていない、この子なんか変というところがすぐに露見していく。
    なぜなら「悪魔のような子」というわけではなくて、「悪魔だから」ということに起因しているわけですが。
    この展開の速さは良いです、というか好きです。

    一回家庭に入り込めばこっちのもんだぜっ(おっさん)と寄生先の関係者を殺していく。
    恐怖の対象を知ればそれを利用して殺すこともできるし、人を殺させることもできる、本来の姿を出せば物理的にも強い、万能すぎるんだよなー
    この万能感というところが最後のオチの中途半端感を生んでいるような気がします。

  • 悪魔という存在
  • 悪魔という表現を使うのは父親のみであって本当に悪魔という存在なのかわからない。
    父親の話を信じるのであれば、悪魔憑きということではなく、存在そのもの、生まれ落ちたリリー自体が悪魔なんだということだろうと。
    いや・・・あれはただのクリーチャーじゃないか
    なので悪魔という表現は父親の比喩的な表現なのではないかと思ったりする・・・
    なので結果的に謎の存在のまま終わったという印象があります。
  • 全体的に
  • 中盤までの流れは好きなんですよね、期待感がひしひしと。
    中盤以降エミリー以外はリリーの正体に気付かないというセオリー的な流れから失速した感がありますが、ベット下でのエミリーとリリーの攻防はリリーという存在への恐怖心が高まる良いシーン。結果クリーチャー化してガッカリする私。

    引っかかったのはやはり悪魔というワードを出してしまっていることでイメージがある程度固まってしまったということなんですよね。
    個人的な悪魔の概念を軽く飛び越えて、明後日の方向に飛んで行ったんだ・・・

  • というわけで
  • 含みをもたせた終わらせ方にした方が色々あれなのはわかるけども
    リリーがあれで死ぬのかなと思わせるようなありがちラスト。
    リリー唯一の弱点は実は恐怖ではなく泳げないことかもしれない
    エミリーは全てを失ってリリーを沈めることができましたが、次の家族が犠牲にならないというところが唯一の救いであると思うので、明確に昇天してくれても良かったような気もします。
    救いがないといけないというわけではないですが・・・。

Top
©SilverNullf