SilverNullf

Silver Nullf MoviesReview

7500

Summary

東京行きの飛行機に乗る乗客達、無事離陸し順調に飛行していたのだが、乱気流で機体が揺れ緊張が走る。
無事乱気流を抜け出し安心したのも束の間、乗客の男が苦しみ出し、乗り合わせた救命士の男が奮闘するも発作を起こして死亡してしまう。
男が急死したのち、機内ではおかしな事が起こり始める。

Horror

Review

2014年制作のホラー映画
監督:清水崇
脚本:クレイグ・ローゼンバーグ

映画「呪怨」の清水崇監督作品。
怖くはないよ
ホラーとして怖がらせる意図はそもそもないんじゃないかなと。
航空パニック要素な映画。

以下ネタバレにご注意下さい。

感想へスクロール

ストーリー

  • 端的に
  • 東京行きの飛行機に乗る乗客達、無事離陸し順調に飛行していたのだが、乱気流で機体が揺れ緊張が走る。
    無事乱気流を抜け出し安心したのも束の間、乗客の男が苦しみ出し、乗り合わせた救命士の男が奮闘するも発作を起こして死亡してしまう。

    最初の乱気流の影響で機体が破損していたらしく、機内の気圧が下がり危機的な状況に陥ったが、傷ついた区画を隔離し気圧を正常に戻す事ができた。
    それからというもの一部の乗客が発作を起こして死亡した男の姿を見たり、キャビンアテンダントは併走する戦闘機の姿を目撃したりと不可思議な現象が起こるように。
    そして死亡した男の私物を盗もうとしていた乗客と遺体が消えてしまう。
    それを聞いた救命士の男達は死亡した男ランス・モレルを調べる事にする。

    ランス・モレルの持ち物である箱を開けると人形が出てきた、取説には「シニガミ」と書かれていた。
    乗客のファンキーな女性がシニガミについて説明した。
    日本の神話でシニガミは死の精霊で、人は急に命を奪われた時この世の未練を絶たないと先に進めない。
    未練を絶てばシニガミがその魂をあの世へ導くと。
    そしてファンキーな女性はランス・モレルは未練があると話した。

    妊娠を恐れていた乗客は妊娠してない事を知った後、何かに襲われ。
    機長と不倫をしていたキャビンアテンダントAは機長が奥さんと別れる事を諦めた後、何かに襲われ。
    その機長は妻への謝罪を口にした後、何かに襲われ。
    キャビンアテンダントBはしっくりきていない彼との婚約に見切りをつけ婚約指輪を外した後、何かに襲われ。
    それぞれ未練を絶った後、何かに連れていかれた。

    機体がまたも揺れ始め、救命士の男達が操縦席へと行くと機長たちの死体があり、トイレでは妊娠を恐れていた女性の死体があった。
    自分達の座席へと戻ると、そこには死んでいる乗客達、そしてその中には自分たちが死んでいる姿もあった。
    機内のモニターがついてニュース速報が流れた。
    乱気流に遭遇した7500便は機密性が緩んだ結果、内部が急激に減圧され酸素マスクもこの時故障してしまっており、戦闘機で中を確認したが動く人はおらず生存者の可能性はゼロに近いと。
    燃料がなくなれば墜落すると話していた。

    機内の気圧が下がった時、すでに自分たちは死んだという事を知った救命士の男達。
    「人は急に命を奪われた時この世の未練を絶たないと先に進めない」
    救命士の男と妻は離婚する予定だったが、やり直したいと思っていた。
    妻は「私を離さないでと」と言い救命士の男は「離さないよ」と言い抱きしめあった。

    その後、機内に一人残っているハネムーン旅行へ行くところだった女性、ゴミ箱を開けるとそこから手が伸びてくる。
    叫ぶ女性。
    おしまい。

以下感想

  • なんやかんや
  • ふー助かった・・・助かってなかった映画
    乱気流で機密が緩んで減圧されて、そのままみんなあの世へ・・・行かず。
    未練のある一同は居残り。
    未練を絶って、晴れて連れて逝ってもらえるシステム
    まずホラーな怖さはほぼ感じず、「航空パニック感」と「実は死んでいたオチ」という2枚で走った感じでしょうか。
    しかし何とも「実は死んでいたオチ」は万能すぎるわけで。
    展開がぶつ切りだとて何だとて。
    とりあえずはどうとでもなる・・・現実じゃあないからね(えへへ)

    人形デザイナー、発狂して死亡する
    こやつの存在がよくわからなくしてる気が・・・
    つまり人形デザイナーが死亡した事に端を発したと思わせるミスリードという事で・・・。
    シニガミの説明のための「人形おじさん」と「シニガミ人形」だと。
    そもそもこの解釈が正しいかどうかの問題は置いといて・・・。
    謎を残す作りというより、なんかわかりにくい作りをしてるなと。

  • というわけで
  • この映画の尺の短さ、最高だったよ
    シーンをカットしてカットしてカットしすぎな作りだなと思った次第で、これがよかったのかどうかは疑問ですけど。
    個人的には尺の短い映画はそれだけでちょっと許せるかもしれない・・・。
    映画を観る資格がないのかもしれない・・・。

    モンスター花嫁の夫の未練は結婚だと、私は確信している

Top
©SilverNullf