SilverNullf

Silver Nullf MoviesReview

1408号室

Summary

霊も超常現象も神も信じていないオカルト作家マイク・エンズリンはNYにあるドルフィン・ホテルの曰く付きの部屋1408号室を取材するため赴いた、支配人のジェラルド・オリンはやめるように説得を試みるも、エンズリンの決意は変わらず、渋々宿泊を了承する。
オリンの執拗な説得に内心信じかけていたエンズリン。
恐る恐る部屋に入った、しかしそこはいたって普通のホテルの一室で拍子抜けしたエンズリンだったが。

Horror

Review

2007年制作のホラー映画
監督:ミカエル・ハフストローム
脚本:マット・グリーンバーグ
製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
原作:スティーヴン・キング

状況をコントロールできないという心理的恐怖と、明言してくれないこの作風で見終わった後も楽しめるであろう作品かと思います。
見るかたによっては迷惑な話かもしれないですが。

以下ネタバレにご注意下さい。

以下感想

  • 端的にどんな話か
  • 霊も超常現象も神も信じていないオカルト作家マイク・エンズリンは曰く付きのホテルやなんかに自ら泊まっては現地取材をしてたわけです。
    そしてドルフィン・ホテルの1408号室にいくことになるんですね、支配人のジェラルド・オリンの制止を振り切って泊まった結果、そこは確かに邪悪に満ちていた・・・
    1408号室から抜け出そうとするエンズリンですが、全く出れる気配がなく、部屋を道連れに燃やして終わらせようとするんですが、結局エンズリンは生き残ったんですか?どうなんですか!!
    といった内容で。
  • 全体的な感想
  • ホラーとしての怖さは自分はほぼ感じませんでした。
    パニック映画的な印象と、亡くなった娘を想うエンズリンの心の様。
    状況をコントロールできないという意味での心理的恐怖は感じますが、やはりエンズリンの心に深く刻まれた娘についての苦悩の部分が大きな比重を占めているなと感じました。
    あと特徴といえば、謎めいてると言いますか、明言してくれない作品とも言えて、見終わった後がスタートかもしれない作品かもしれません。
  • 邪悪に満ちているってつまり何よ?
  • 神とか「13」とかそういう類の内容が取り入れられてるので、いわゆる悪魔とい連想をしてしまうんですけども。
    「あそこはそういう類の場所じゃない、邪悪に満ちている」とまあ悪魔という明言を避けてる感じ?安易に悪魔みたいな表現を使わずに、単純に何かはわからない存在だから邪悪という表現を使っている?
    私はもう邪悪に満ちてるとは、そういう存在なんだね!!オッケー!!ウィンク
    ぐらいの感じで見てましたが。

    邪悪様自ら手を下すような考え方ではないようで対象の人物の自責の念に働きかけて自ら逝ってくれと、それが私のやり方だと、自殺は罪だから?地獄に落とすため?とかもあるんでしょうか?

  • 支配人オリン
  • なんか悟ってるよね、な存在のオリン。
    エンズリンが隠しカメラを発見するシーン、これが幻覚ではないと仮定して。

    彼の「上出来だエンズリンくん、よくやった」のシーン、何かを見つめながら話しているように見えます。
    目の前には隠しカメラの映像があるのか、はたまた何もないのか。
    エンズリンの宿泊を必死こいて止めてたのは、これ以上任期中に客に死んでもらうわけにはいかない。
    エンズリンが目の上の瘤、1408号室を燃やしてくれたから上述のセリフ、という考え方。

    ただなんかものすごい達観してるというか、わかってる感が尋常じゃないんですよね彼、したり顔すぎて・・・

  • 結局エンズリンはどうなった?
  • 最後のシーン、焼け残った録音機器を再生するエンズリン、1408号室での娘との会話、みんなで一緒にいたいと言う旨の話を娘がしてエンズリンは同意するといった内容。

    これをどういう風に受け取るのかをぶん投げられて終わってるわけですが。
    再生した内容と1408号室でした会話、内容は一緒なんですけど再生した内容は編集してる感じ?と言えばいいのか文脈が変わってるんですよね。
    つまり中にいるのが邪悪な存在で、録音の内容を妻に聞かせたかったと、エンズリンは娘と一緒にいるよ、次は君の番だよと言ってるように自分は思えました。

    あのエンズリン役のジョン・キューザック氏のあの絶妙な顔よ
    なんという顔をするんだ・・・
    皆目わからん!!
    終わりがあれなんだから、ね、みんなの主観でいいでしょうよ。

Top
©SilverNullf