SilverNullf

Silver Nullf MoviesReview

ザ・ライト エクソシストの真実

Summary

葬儀社の息子で神学生マイケル・コヴァックコリン・オドナヒュー)は、悪魔祓いという儀式だけでなく、神の存在さえ疑っていた。
成績優秀なマイケルはやがて恩師の推薦で、悪魔祓いの講習を受けるためにバチカンへ派遣される。
深い猜疑心を硬い殻のようにまとうマイケルは、悪魔にとり憑かれた者への対応において、
必要なのは司祭より精神科医だと指導者たちに言い放つ。
だが、何千回も悪魔祓いをおこなってきた伝説的なエクソシスト、ルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)の助手を務めることになり、
邪悪で凶暴な悪魔がルーカス神父によって追い出されるのを目の当たりにする。しかし、そのルーカス神父もやがて悪魔に取り憑かれ…。
自ら十字架を手に取り、悪魔との対決に挑む。

Horror

Review

2011年制作PG12作品
監督:ミカエル・ハフストローム
脚本:マイケル・ペトローニ
製作:トリップ・ヴィンソン
原作:マット・バグリオ

エクソシスト覚醒(テッテレー)

この作品は実際のエクソシストへの取材を基に製作されており、マイケル・コヴァックも実在の人物ということで、よくある冒頭とエンディングでの真実ですよ的文言がこの作品でもありましたが、もちろんフィクションの部分が多分に含まれているわけで、個人的にはいらない味付け

エクシシストを取り扱う作品としてはかなり見やすい印象の作品。

以下ネタバレにご注意下さい。

以下感想

    • つまるところ
マイケルという悪魔を信じていない神学生が、ルーカス神父と出会い、考え方が変わっていく。
そして悪魔に憑かれたルーカス神父を助けるべく、ついに悪魔祓いするよ!!といった作品であり(端的すぎるかも)、マイケルはそもそも特別な存在なのです。つまりエクソシストになるべくしてなる男というような立ち位置なわけで、運命というものは決まっているのですね
ということで世代交代系エクソシスト映画であり、割とポップな?とっつきやすいエクソシスト映画みたいな印象をポジティブに持っていきたい。
    • 運命的なものが強い?
少女を悪魔から救えず、信仰が揺らぎ、そして悪魔に憑かれることを許してしまうルーカス神父。
そしてこれを祓うのは悪魔祓い未経験のマイケルというわけでありまして、ルーカス神父という対悪魔百戦錬磨の男に憑いた悪魔の強者感たるや、と進行します
しかし、初めてでもマイケルは祓うのです。これは神に選ばれしマイケルの目覚めの物語であり、かつ「真実だよ」という話ではあるから、エクソシストデビューとして鮮烈すぎるというツッコミを入れるのは野暮というものなのかもしれない。

マイケルは母親と死別した際に信仰を捨ててしまい悪魔に目をつけられたわけですが、ルーカス神父を救うため、ひいてはエクソシストとしての才を無駄にしないようにと神のお導きにより爆誕した特別な存在の無双映画と言えるのかもしれない。

この世は努力よりも才能と私に何かを突き刺そうとする映画なのかもしれない。・・・卑屈すぎるかもしれない。
    • というわけで
結果、神に愛される選ばれし者マイケルの誕生秘話的なお話。
エクソシストものは悪魔がどうこうというより神の存在を感じさせない作品が多いからなー。そういう意味においてこの作品は「結局悪魔一強」のような展開ではない分好感はある。

「いや、彼は特別だから」という事で全てが片付くスタンスな分、ちょっと薄っぺらくないかなと思うところもあったりしたけれども、「真実だから」と言われれば何も言えない。
良くも悪くもありますが、見やすい作りなエクソシスト映画な気はする

Top
©SilverNullf