SilverNullf

Silver Nullf idletalk

損切り貧乏回避論「FXコラム」

FXコラム(タイトル)

なぜ損切り貧乏に?

なぜ損切り貧乏になるのか?ということを考えた結果、「なるほど、損切りをしなければ良いんだね?」と、謎の論理に支配されたりします。・・・悪手です。
もちろん損切りすること自体が悪いわけではなく(損切りのタイミングの問題はあるかもしれないですが)、負けるようなトレードが多すぎるから損切りが多くなる。ということが大半の原因だと考えています。

無駄なトレード

では損切り貧乏を回避するには、何をすべきなのか。一番手っ取り早い答えは無駄なトレードをしないということ。
いかにルールでポジションを持ちにくくするかを考えていけば、無駄なトレードは自ずと消えて無くなる道理です。勝てる確率が高い(と思える)強い根拠がある場合のみエントリーできれば、良い結果になるのは想像に難くないはず。

トレードにおいては「今ここにある!!かもしれないチャンス」を逃すことを恐れる傾向にあり、それがポジションを常に持っていたいということに繋がりますが、転がっている全てのチャンスを正確に捉えられるわけではありません。
トレードを常にしているという状況の中で、全トレードに強い自信があるというのであれば勝率は必然的に高くなるはずであり、損切り貧乏にはなっていないと言えます。
つまり損切り貧乏が現状なのであれば、それは根拠の薄いトレード、「無駄なトレード」が存在しているということになるのです。

結局ルールです

したがって、無駄なトレードさえ洗い出すことができれば、どのようなタイミングで自分が仕掛けていて、負けているかが傾向としてわかる。結果、負ける確率が高いのに仕掛けてしまうような状況を避けることができるというわけです。

「こういう局面でいつも手を出して負けている」と負けた時思っていても、またその局面が来た時、辛抱たまらず手が出てしまうものです。半ば衝動的に飛びついてしまうような局面ほどルールでしっかりと縛ってあげることで、入ってはいけない局面だと意識できるようになるはずです。
ルールを作ったからといって完璧にコントロールできるわけでもないですが、少なくともそういった局面に意識が向くようにはなります。「負けてその時だけ反省」(確率としての負けではなく、後悔が残るような負け)を繰り返しながら矯正していくしかありません。

損切りしないという選択はない

冒頭触れたように、とにかく損切り貧乏を回避するために、「損切りをしない」「損切りの幅を広げる」のような歪んだ着地をすると、「コツコツドカン」へと移行していくため危険と言わざるを得ません。
コツコツドカンはとにかくドカンがくるまでの勝率が良く、精神的に楽なので移行しやすいですが、どこかで必ず逆方向へと進み続ける時が来ます。その時損切りの選択肢がないため、行き着くところまで逝ってしまうわけです。
これも痛い経験として無駄にはならないとは思いますが、退場レベルの負けは少ない(ない)に越したことはないです。
無駄をなくして、かつ損切りはしましょう

Top
©SilverNullf