SilverNullf

Silver Nullf idletalk

コツコツドカンに可能性はあるのか「FXコラム」

FXコラム(タイトル)

コツコツドカン

「損切りをしなければ助かっていた」という経験を積み重ねると、「損切りをしない」という実験的試みが始まったりします。するとコツコツと利益が積み重なり、まるで相場を攻略したような感覚が体を包みこみ、ドカンと損失を頂戴する。いわゆるコツコツドカンの一巡であり一例です。
基本的には「こまめに損切りをしながらも、大事なところで損切りできずにドカンと食らう」ようなパターンが多いかと思いますが。とにかく、どれだけ勝率が高く、どれだけ仕掛けの才能があったとしても、コツコツドカンではいつかは負ける(退場する)可能性が高いと言わざるを得ません

ただし、どこかの段階(利益がある段階)でFX自体をキッパリ辞めることができるのであればアリかもしれません。辞めることができるのであればですが

勝っていれば良いのか?

コツコツドカンだろうと何だろうとFXは勝っていれば良いのか?つまり結果さえ出ていれば良いのかという話があるのですが、これに関しては間違いだと言い切れます。なぜなら「ただ現状勝っているに過ぎない」からです。
つまり、FXから足を洗った時初めて結果が出るのであって、続けている限りは結果より過程の部分である「いかに恒常的な勝ちが見込める手法、ルールなのか」ということが非常に重要であると言わざるを得ないわけです。
よって、いわゆるギャンブル的手法でも勝っていれば良い、とはならないと言えます。

「コツコツドカン、差し引きプラス」であれば良いのでは?と思いがちですが、それはあくまでその部分だけを切り取れば「差引プラス」というだけです。「コツコツドカン」の後にまた「コツコツ」と積み重ねることが確定しているのであれば良いのですが、実際はそうではありません。
つまり、「コツコツドカン→ドカン→ドカン・・・・」の可能性があるわけだから、差引プラスでOKという論理は通りません。あくまでFX自体を辞めた時だけ「差引プラス」は使えます。

もう損切りするしかない

わかりきった話ですがコツコツドカンの問題はドカンだけです。ドカンをなくすためには損切りしかありません。
『ドカンが起きる要因として』
・損切りラインを突き抜けるような、突発的な動きに反応できない所謂タイミングを逃したパターン
・連勝に連勝を重ねている最中で損切りに抵抗を感じてしまったり、その日最後だと決めたトレードで含み損を抱えてしまったりといった、感情がトレードを邪魔しているパターン
などなど様々要因はあるでしょうが、結局は戻るかどうかのギャンブルをせずに潔く切れるかどうかです

戻る可能性を考え出したら永遠に切れません。ドカンの原因は、戻る可能性が常にあり、そしてそれを探し続けてしまうからです
ドカンというからには、損切りのポイントは何回もあったということです。つまりいつ「戻る願望」を諦めることができるかだけだと言えます。
もちろんそれが心理的に難しいことはいうまでもないことですが、結果的(将来的)に戻すか進むかは関係なく、現在の状況が損切りラインを割っている(抜けている)のであれば損切りはしなければいけません。

ちなみに損切りをしないという選択では

中途半端な位置での損切りは不幸な結果になる傾向があるからこそ、必ず最初の損切りラインを割れた(抜けた)時には損切りを実行しなければならないわけですが。損切りをしない選択を取る事で高い勝率を維持しているタイプは、一方向に逆行したときズルズルと損切りできない状況が続いてしまいます。
普段から損切りをしないことで利益を上げてきた場合は、限界まで見守るしか選択肢がないのはいうまでもないことで、コツコツの時からドカンは確定しているため、ただただドカンが連発しないように願うのみになるわけです。
大抵は耐え忍んで助かるかもしれません。ですが、いつかどこかのタイミングで許容できないラインまで逆行してしまうのです。

一番重要なのは

何より重要なのは、いつもより大きく負けた時、その日はトレードをしないという選択を取れるかどうかだと個人的には思っています。「取り返す」のような考え方は相場には全く関係ありません

「取り返す」「〇〇Pips負けた」など、自分都合の要素があればあるほど相場の見え方が歪みます。フラットな自分に戻るには、寝て日をまたぐことが一番有用ではないでしょうか。

Top
©SilverNullf